セミは今が頑張りどき

今日から仕事、
朝から晩までセミが鳴いている。
今が彼ら(彼女ら)のがんばり時。
でも東京のセミはマンションやビルの壁とかに必死でしがみついて鳴いている。
長崎に帰ればそんじょそこらの気に抜け殻がいっぱいあるのに。
おまけに東京の地面は大半がアスファルト。これは大変だ。

長崎でふらっと撮ったセミ(の抜け殻)
ちなみにこの木は「メタセコイア」です。周辺の木より一際高い。

「都会のセミ」、逞しいのか、あるいは可哀想なのか・・

e0047682_025071.jpg
e0047682_03535.jpg

[PR]
by kiasuy | 2009-08-18 00:06 | 長崎 | Comments(2)
Commented by yuta at 2009-08-21 12:09 x
こんにちは
都会のせみや鳥など野生の生き物はだんだん居場所が
少なくなっていますね
小さいながら公園などはすみかとなるでしょう
後はお寺とか墓地とか神社でしょうか
人間のエゴの結果ですね
共存ということを考えていかないと・・・
共存大切なことのように思います
Commented by kiasuy at 2009-08-23 14:07
こんにちはYutaさん。
共存はこれからの重要なテーマだと思います。
長崎に帰ると夜中にセミは鳴かないし、いたるところにセミの抜け殻があります。
我々の生活の快適さを求めるのも大事ですが、もう少し人間以外のことを意識市内といけないと思います。
セミの場合は鳴くのでよく分かりますがそれ以外にも数多く生物がいるわけですからね。